EPSON MFP image

健康・体力事業財団発行の月刊誌「健康づくり」の「運動指導初任者のお悩み相談」を年に数回担当させていただいています。

今回6月号を担当させて頂きました。運動指導新任の方々のご質問にお答えするというコーナーですが、私も自身を振り返り、初心に帰るよい機会を頂いています。

Question

今はフィットネスクラブで働いていますが、2~3年のうちにフリーで活動していきたいと思っています。資格も含め、どのような勉強や準備をしておいたらよいでしょうか?

Answer

さまざまな場面を想定しながら、適応力を身につけて…

 

現在フィットネスクラブにお勤めとの事ですが、運動指導者が求められている活動現場はスポーツ施設だけでなく企業・地方自治体・医療介護・学校教育等…幅広く、視野を広げると活躍の場はぐんと広がります。フリーでの活動を始められる準備期間に、今後どのような活動・指導が展開できるかを見つめ直し、段階的・具体的にイメージして準備されると良いと思います。

また、フリーになると社員としての拘束がなくなる一方、様々な事を自己責任で行わなくてはならず、社会人としては勿論・プロとしての自覚や責任感も今まで以上に求められます。

私が考える準備や心構えについて幾つかご紹介します。今後の準備・勉強の参考にして下さい。

■応用&調整力

使用する施設(設備)・対象者(年齢層・地域性・性別等)・プログラムは様々です。環境や条件に応じ、最善の指導が提供できる能力を身につけておきましょう。

準備期間中に色々な施設や指導者の現場を体験・リサーチする事も良いと思います。

EPSON MFP image

■社会人としての意識・マナー

挨拶や言葉遣いは勿論、電話・メール含め連絡・打合せ等がスムーズに出来る事も信頼感や仕事を得る為に大切な要素です。社会人としてのマナーを再確認し、丁寧な対応を習慣づけることも大切です。

また、遅刻・欠勤等は信頼と同時に収入を下げる事につながります。スケジュール調整や体調など自己管理能力も必要です。

■必要経費

交通費・通信費・ウェア・使用音楽等の費用も自己負担になります。活動拠点や指導に必要な経費の見積もり・計画も立てましょう。

■スキルアップや資格の取得

運動指導に必要な資格や勉強は活動分野に応じ、幅広く沢山あります。(例:コンディショニング系・ストレングス系・パーソナルトレーニング・グループエクササイズ・介護予防・栄養・ダイエットetc…)まず今後の活動に有効な資格や勉強かを見極めて、段階的に身につけていきましょう。

一つ一つの仕事や人との出会いを大切にすることが、次の活動につながり広がっていきます。是非、これから経験を重ね、幅広く活動・活躍される指導者を目指して頑張って下さい。