10.24-1   10月24日(金)東京競馬場でWILLINGがフィジカルトレーニングを担当しているJRA(日本中央競馬会)競馬学校騎手課程31期生による本レースを想定した模擬レースが開催されました。

31期生は1年間の厳しいトレセン実習を終え9月に帰校しました。これから2月の卒業、3月のプロデビューへ向け、実戦を想定したトレーニングとして模擬レースが開催されます。第1.2戦は競馬学校で開催されました。第3戦はいよいよ憧れの東京競馬場での開催です。

今回は現在活躍しているプロ騎手4名(写真後列)も参加してくれました。勿論この4名のプロ騎手の皆さんも競馬学校の卒業生です。卒業後、活躍している教え子た達に会えるのも模擬レースの楽しみの一つです。

10.24-3模擬レースは計量・パドック・順位決定・審査など全て本レース同様に行われます。沢山の競馬関係者の見守る中、本番さながらの迫力あるレースを魅せてくれました。

プロ騎手をおさえて堂々ゴールしたのが、加藤祥太君!31期生5名の中でも一番小柄ながら頑張り屋で明るく元気な生徒です。おめでとう。観戦に来ていたご両親もお喜びでした。

これから卒業式当日の最終戦まで模擬レースが続きます。一戦一戦さらに成長していく事でしょう。楽しみにしています。

花中リップYUKIKO