冷たい雪まじりの1日になりました。皆様影響はなかったでしょうか?

新年WILLINGで開催したMFA(メディックファーストエイド)資格認定講習会に私も資格更新の為、参加しました。

2年ごとの更新講習ですが、改めて緊急時に備え、意識・知識・スキルトレーンングの重要性を再確認しました。

 

将来的には一家に一台AED設置の時代が来ると考えています。

なぜなら日本における病院以外での心停止発生件数は年間7.5万件!交通事故による死亡者数の約18倍にものぼります。心停止の主な原因が心室細動で救命には早期の電気的除細動が必要です。心肺停止時の蘇命率は約6分と言われていますが、日本の救急車要請から到着平均時間は約8分です。何も行わなければ大切なヒトの命が失われます。救急隊到着までの間に命を救える手段がAED(自動体外的除細動器)なのです。

パブリックな場所だけでなく企業・店舗・自宅等にAEDを設置する事は、身近なヒトの命を救うだけでなく、設置施設として緊急時・災害時においても社会貢献活動が可能になります。

 

現在AEDはメンテナンスやサポート保障もされている安価なレンタルも広く普及しています。(勿論購入も出来ます)WILLINGは複数のタイプのAEDをご提案・ご紹介する事ができます。設置ご検討されている方、ご興味のある方は是非お気軽にお問合せ下さい。

 

WILLINGの持っているヒトの健康や安全・命を守る知識とスキルを通じて、多くの方々とつながり・ひろがっていく事ができればと思っています。